ヒカルランドブログ

地から風がわきおこり天から光がふりそそぐ不二阿祖山太神宮ツアー

time 2018/11/30

地から風がわきおこり天から光がふりそそぐ不二阿祖山太神宮ツアー

世界最古 不二阿祖山太神宮

ここは世界鎮火の役割を担った富士山の太神宮

再建に傾くと富士は鎮まり 忘却に傾くと噴火する

富士(不二)こそが高天原 人類と世界文明の発祥地

地球にグランディング!! 宇宙YURAI 不二阿祖山太神宮ツアー

2018年11月17日 強い光が降り注ぐ究極のイヤシロチ場

5本のツメの龍神様の手水舎 水龍神様が現れます🐉

神縁部長の森さんがわかりやすくご説明してくださいます

強い光が降り注ぐ究極のイヤシロチ場なのでエネルギーワークで盛り上がりますキラキラ

パワーシールはオモテに張らないと効果がありません〜富士山

地から風がわきおこり

天から光がふりそそぐ

するとカラダが勝手に踊っちゃう

宇宙から降り注ぐ強烈な蒼碧の光の帯

渡邉大宮司の講演会も合わせて開催させていただきました。

終了後は神さまのこと・古代史など熱心な参加者の方々から質問攻め!!

瀬織津姫様の部分は「まだ明かせない」と意味深な発言も。

11月18日 不二阿祖山太神宮とゆかりのある神社巡り

福地八幡宮

この小さな神社に実は総理大臣が5人もかかわっています。

古史古文書である宮下文書には浅間神社と福地八幡の関係が全て書かれているそうです。

渡邉神社 渡邉大明神とも言われ、福地八幡宮とも言われています。

八幡宮の大もとは阿祖山太神宮にありました。

この日、奇跡的に社殿の中に入れさせていただけることに✨

開運隆昌 内閣総理大臣 中曽根康広

寝食をともにし整った輪・和のエネルギー 美しいです。

前夜話しが弾みすぎたけど楽しかったわねイエローハーツ

11月18日バースデーお祝いおめでとうございました!

マコモのペンダントと美女2人ラブラブ

しっとり感応

小室浅間神社

福地八幡宮と小室浅間神社を二所&七社

全部まとめたのが二所七社惣廟不二阿祖山太神宮です。

クリクリお目めの神馬ちゃん🐴

身長差が宇宙人なみ?!

美しいふたつとない天祖の山

神農法で育てたマコモワークショップ🎍

出来上がった参加者Yさんの作品

マコモは神の草であり成分であるソマチットという生命体は人を選びます。

ソマチットはカラダの免疫力を上げるのにとても重要です。

人の心が微生物に影響を与える、そしてもっと細かい霊的なもの

さらにもっと細かい世界の直勘=直神とつながっています。

地球(ちだま)とともに生きる会 マコモプロジェクト統括

井上さんはじめ、スタッフの皆様にご指導いただきました。

超天然マコモグリーン バスクリンではありません

気持ち良さそう〜 全身つかりたい💚

お正月が楽しみ!!できあがり!!

光満ちるヒカルランドツアー ヒカルトリップ✨

 

【世界最古】不二阿祖山太神宮

もうこれ以上はない日本根本の秘密

この度のツアーと同時に不二阿祖山太神宮の初刊がヒカルランドより発売されました。

真の歴史、古代史、神様のことなど、伝えきれないことが本の中にたくさんつまっています。

なぜ渡邉大宮司が不二阿祖山太神宮を再建されるにいたったのか?

どうぞ本を手に取ってご覧いただけましたら幸いです。

著:渡邉 聖主【世界最古】不二阿祖山太神宮 もうこれ以上はない日本根本の秘密

不二阿祖山太神宮のFacebook

不二阿祖山太神宮のブログ

 

ヒカルランド超基本⁂古代史の知識をダウンロード!

歴史は国家の最高機密!世界は歴史で変わる

2月16日(土)ヒカルランドパーク”古代史から見た日本の古さ”
●メソポタミア・シュメール文明と日本
●世界遺産信仰の山、富士山の歴史

4月13日(土)不二阿祖山太神宮会館
“考古学から見た日本の古さ”
●日本の海底遺跡とムー大陸沈没からみた日本の古さ
●縄文時代の土器、石器、旧石器、巨石器、富士山周辺の遺跡からみた日本の古さ

6月15日(土)ヒカルランドパーク
“五色人の身体 血液型から見た日本の古さ”
●中心は黄人 青人⇄白人 赤人⇄黒人
●父なる国=エデ(エデンの園)母なる国=ムー(無有)

8月17日 (土)不二阿祖山太神宮会館
“気象学から見た日本の古さ”
●過去30万年の気候変動と氷河期
”言語学と神代文字から見た日本の古さ”
●一万年前のペトログラフ(シュメール絵文字)

12月14日(土)ヒカルランドパーク
“古文書から見た日本の古さ”
●古史古伝「宮下文書」に記された幻の富士王朝の謎
●不二神仙道の奥義
お申込はこちら

学びの師匠は生まれてくる前の約束のミッションを果たすために

古代史を長年にわたり研究されてこられた渡邉大宮司です。

なぜ日本の富士山に登るために世界中の人たちがやってくるのか

なぜ不二阿祖山太神宮に世界中のシャーマンの人たちがやってくるのか

 

渡邉氏の生き方は、中世、キリスト教の権威におごり高ぶった時期に

自然を愛し、廃墟となった協会を一人で再建し、聖者となった

聖フランチェスコの生き方と似ています。

【世界最古】不二阿祖山太神宮 もうこれ以上はない日本根本の秘密・前書きより

 

渡邉聖主の生まれてくる前の記憶と約束

地球に誕生する前、人の形をしていませんでした。クルクルクルクル周るエネルギー体でした。大きな光の玉から光が出ていて、その光の中に古代のような文字が刻まれていました。そこから音でない音、5つの想いがきたのです。

「下りて神殿を建てよ」「大自然を元に戻せ」「いとし子をつくれ」「争いをやめさせよ」「天国をつくれ」

それでスーっと降りて来て、龍体化して、龍神になって、ボワっとして人の形になりました。スーっと降り立ったのが富士山だったのです。そこまで鮮明に覚えています。若い頃からベトナム戦争をやめさせるためのデモや事業を起こすなど様々なことをやってきました。しかし一番困ったのは、権力者の戦いなのです。その戦いは多くの人を巻き添えにします。そして青少年の教育、地球とともに生きる会、ちだま(地の球)と共に生きる会を立ち上げました。地の球は“天国”という意味です。宇宙の中の地球が高天原です。宇宙の中の銀河系の中の、太陽系の中の地球、ここが素晴らしいのです。

この度のツアーにご参加いただいた皆様、渡邉大宮司、スタッフの皆様、国常立太神様

17日は神に成る日 18日は神開く日とのこと ありがとうございました。

ツアー企画📷&✒️高島敏子