ヒカルランドブログ

★応募者全員プレゼント★聴くだけで神様とつながる「アワの歌」音声~坂井洋一『ワクワク超古代史セミナー』

time 2018/04/13

★応募者全員プレゼント★聴くだけで神様とつながる「アワの歌」音声~坂井洋一『ワクワク超古代史セミナー』

みなさん、こんにちは★

今回は3月に出来立てほやほや&超話題の新刊『坂井洋一のワクワク超古代史セミナー』のご紹介とご購入特典のご案内で~す😉

衝撃の事実!日本人のご先祖はシュメール人にエジプト人だった!?

日本っていうと島国だし、他の国や文化と切り離されて、独自の文化を育んできたっていうイメージが強いですよね。

ところが!

古墳、弥生、縄文、そのもっと昔・・・と時代をさかのぼっていくと、驚きの事実が見えてくるのです!

その事実とは・・・なんと、古代の日本社会はシュメール人、エジプト人、インド人、ペルシャ人など、さまざまな土地からやってきた人種や民族が行き交う超インターナショナル社会だったということ!!

「え~、ウッソー、ほんまかいな~」と思いますよね❓

しかし、今でも現役で使われている日本のさまざまな地名・神社名・人名などを読み解くと、まさに日本語は

シュメールだらけ!エジプトだらけ!

なんだそうです!

伊勢・出雲・讃岐・筑紫・千葉・鎌倉……おなじみのこれらの地名も、実はぜ~んぶオリエント由来!

そうした古代の驚きの真相をオモシロ楽しくわかりやすく解説したのがこちらの書籍!

3月発売の『坂井洋一のワクワク超古代史セミナー 遥かなるオリエント&日本の秘密!編』です。

インターナショナルJAPANをまとめた!イザナギ・イザナミが作った国治めの名歌「アワの歌」

古代日本では、世界のあちこちからいろんな民族が集まって住んでいたため、いろんな言語が飛び交っていたことでしょう。

いろんな言葉があると賑やかでいいけれど、違う言葉を話す人とコミュニケーションを取るにはイマイチ不便。

そこで生まれたのが「アワの歌」です!

アワの歌は、古代の大叙事詩『ホツマツタヱ』に記されている歌で、作詞はなんと、日本の「国生み」を行ったというイザナギ・イザナミ神です。

ホツマ48文字ぜんぶを使った歌であり、いわば「いろは歌」と同じ暗誦歌、言葉を覚えるための歌です。

イザナギ・イザナミの治世に社会が乱れた時代があったとき、両神はこのアワの歌を歌いながら全国津々浦々をまわり、人々の心を鎮めていったと『ホツマツタヱ』には書かれています。

きっと、異なる出自の人々のあいだで、共通の言葉が共有されることで、自然とみんなの心がまとまっていったのではないでしょうか。

こちらは坂井先生のアワの歌を始めとするコトダマリサイタルの様子です♬

なんとあの山川紘矢さん、山川亜希子さんご夫妻もコトダマシンガーとしてアワの歌を愛唱されているとか!

ご購入者様全員プレゼント!著者・坂井先生による「アワの歌」スペシャル合唱バージョン音声!

アワの歌はこのように人々の心に平穏をもたらすだけでなく、血の巡りをよくするという健康効果まであるそうです。

著者の坂井洋一先生によると、アワの歌は数ある古代のウタのなかでも、格別に波動が高く、聴くだけで神様たちとのつながれる力があるとか!

これはぜひ聴いてみたいですね~~!

そこで、今回は本書籍のご購入特典として、「アワの歌」特別合唱バージョン★をプレゼントさせていただくことにいたしました!

坂井先生は古代のウタにオリジナルの心震わすメロディを付した「コトダマミュージック」を多数プロデュースされていますが、今回の「アワの歌」は特別のパワーを込めた \スペシャルバージョン/とのことです。

このページの一番下に音声ダウンロードページのご案内を載せていますので、すでに書籍をお買い求めいただいた方はぜひお申し込みいただき、アワの歌を聴いてみてください!

ヒカルランド/書店/Amazonや楽天などのWebショップ/坂井先生のセミナー・・・などなど、お買い求め窓口はどちらでも大丈夫です。

書籍の中に記されている「ある言葉」をパスワードとしてご入力いただくので、本をご用意してお申し込みください☆

坂井先生のコトダマミュージックCDも絶賛販売中です!

作曲家自身が歌うコトダマミュージックのすべて

コトダマミュージックのすべて2~万葉集と百人一首~

来る5月・6月、ヒカルランドでもワクワク古代史セミナー開催!

古代秘史ハンターであり、コトダマミュージックを奏でる現代のの吟遊詩人・坂井先生は、「ワクワク古代史セミナー」と銘打って、全国各地を講演活動で飛び回っておられます。

特に去年あたりから、これまで隠されてきた瀬織津姫、昼子姫などの女神たちの復活を迎えてか、急激に注目度が上がり、これまで開催したことがなかった地域からも次々とリクエストの声があがっているとか!

そんな坂井先生のワクワク古代史セミナーをこの5月19日(土)・6月17日(日)、ヒカルランドでも開催いただけることとなりました!

最近の先生の大注目分野は「古墳時代」。このまだ未解明の時代には、今の日本を解明する驚きの謎が山ほど隠されているのだそうです。

ご参加者さまには、坂井先生おすすめのお神酒もおふるまい♪アルコールがNGな方には特選甘酒をご用意しますので、飲めない方ももちろん大丈夫です◎

当日は先生の生演奏によるコトダマミュージックリサイタルも行いますので、みんなで愉快に古代の音霊(オトダマ)を楽しみましょう♪

お申し込みはこちらからどうぞ!⤵

特典音声のダウンロードはこちらのページからどうぞ♪

こちらの画像をクリックするとダウンロードページに移動できます⤵本の中の「ある言葉」をパスワードとしてご入力いただくので、お手元に書籍をご用意してお申し込みください(^^)/

著者:古代史ハンター坂井洋一先生について★

古代史ハンター 坂井 洋一(さかい よういち)

茨城県日立市出身。慶應大学卒業後、映画会社の松竹入社。洋画の配給会社ギャガなどを経て、現在はフリーの映画企画プロデューサー兼映画バイヤー。作詞作曲家としても30年のキャリアを持つ。ここ数年、日本の隠された古代史に興味を持ち探求するうちに、かつて世界はひとつの文化圏であったことを突き止め、フィールドワークの成果も含め都内及び各地で「ワクワク古代史セミナー」を開いて驚くべき古代世界の真相を熱く語っている。

古代のウタにオリジナルのメロディを付した「コトダマミュージック」も多数作曲。その親しみやすい旋律は好評で多くのシンガー達により歌われている。代表作は「アワの歌」「いろは歌」「八雲立つ出雲」など。近年は「コトダマシンガー」たちの育成にも力を入れる。著書に『エンペラーコードが明かす《日本の始まりはシュメール》』『坂井洋一のワクワク超古代史セミナー 遥かなるオリエント×日本の秘密!編』(いずれもヒカルランド)がある。

坂井洋一『ついに明らかになったこの国のルーツ エンペラーコードが明かす《日本の始まりはシュメール》』