ヒカルランドブログ

時代はますます船瀬俊介を必要としている◆愛と笑いでホンモノと真実を伝える伝道師

time 2017/10/30

時代はますます船瀬俊介を必要としている◆愛と笑いでホンモノと真実を伝える伝道師

次世代に残したいふなせワールド

美を愛する環境ジャーナリストの船瀬俊介氏

ヒカルランドからも多数の書籍が出版されていますが、長い間の地道な活動が花開き現在は多くのファンの方々の心をわしづかみにするほど♥️大人気です。

そして最近とみに感じるのは間違いなく😆若返っている

2014年の船瀬師匠↓↓↓

2017年の船瀬師匠↓↓↓

表情のイキイキ感もお肌のツヤツヤ感も瞳のキラキラ感もそしてカラダも超引き締まり!1日1食・ファスティング・ヨガ・健康茶・菜食など提唱するばかりでなく日々実践されている効果が表れている証拠ですね〜素晴らしいです!そしてものすごい勢いでベストセラーの本を執筆し、仕事に邁進し突っ走るその御姿は、にっぽん男子の理想型とも言えるでしょう!

 

「医・食・住」の世界にメスを入れるジャーナリストとして一般人が知ることのない(できない)裏の世界を暴いてきた船瀬氏のもうひとつの顔

日本映画界の巨匠、黒澤明・小津安二郎の映画のセリフを完璧に覚えている船瀬師匠。真剣で真面目なおハナシにも関わらず….会場を船瀬節で笑いの渦にしてしまうのは役者としての才能が講演会で活かされているからなのですね。そして執筆業の才能は映画の脚本にまで及ぶほど!

写真の『龍馬外伝、寺田屋襲撃』の映画のシナリオは船瀬師匠の大作。脚本を読みながら、つい「寺田屋のお登勢」になりきるワタシ(笑)

「船瀬ハン久しぶりどすナ…」

そう、昨年の偶然の再会から師匠とのお仕事が再開したくだりはこちら

ヒカルランド課外授業「 船瀬俊介の奥武蔵“名栗の里”編」

厳冬の船瀬宅にて暖炉を囲み「名栗村課外授業」を開催させていただいたレポートはこちら

「ヒカルランド課外授業名栗レポート壱」船瀬俊介師匠の手作り料理に感動の嵐

「ヒカルランド課外授業名栗レポート弐」創業百年老舗名旅館“大松閣”へ

「ヒカルランド課外授業名栗レポート参」日本のガウディ素晴らしき名栗の杜

「ヒカルランド課外授業名栗レポート最終章」天覧山の五十嵐酒造奥武蔵のラストを飾る

 

船瀬俊介と日本文化をKIWAめる《 益子リトリート》

さて名栗村合宿から1年、次なるテーマは「生・美・芸術」への感性を高める・です。

世の中のウソをぶったぎる荒々しい船瀬大神も魅力ですが
地球と芸術への愛と慈しみにあふれた船瀬観音もこれまた素敵です。

 

「人間の力を超えたものに対する畏敬の念を深めよ!」

「暮らしのひとつひとつに時間をかけることが大事だ!」

「美を愛でホンモノを見る目を養え!」

 

ありあまるほどの情報はコントロールされ、自然・文化は失われ
地球人として何が大切で何をまもらなくてはいけないのか
それは決して一過性のものではなく普遍的な真実であり
私たちが生まれ育った美しい日本の文化であり心のあり方。

殺伐とした息苦しい日常を少しでも変えたい
ゆったりと生きやすく心安らぐ日々を過ごしたい
価値観を同じくする仲間と集いたい

と願うのは贅沢なことなのでしょうか。

船瀬邸からの景色と師匠の手作りごはん

第二回目の課外授業に選んだ舞台は都心からわずか2時間ほどでアクセス可能な

〈陶器の町 栃木県益子〉

いわさきちひろ美術館などを手掛けた内藤廣氏のデザインによる豊かで美しい里山の自然あふれる「フォレストイン益子」自然の景観に見事にマッチし、訪れる人の魂を解き放ってくれるこの場所にて、セミナーも開催いたします。

船瀬俊介流〈超美の世界観  アート・映画・伝統工芸・風土・風景論〉

たっっっぷりと 以下は一部

◆海外の芸術家・アーティストはみんな日本から学んだ!!
◆ハリウッド映画の基本は世界の黒沢明 と小津安二郎
◆陶磁器文化はTRADITIONAL日本から
◆日本の浮世絵に影響を受けた海外の芸術家たち

 

そして陶芸の最高峰〈濱田庄司〉縁の地を訪ねます。濱田庄司記念館

● 濱田庄司とは
近現代の日本を代表する陶芸家のひとり。
自身の作家活動の軌跡を
「京都で道をみつけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」
と振り返っているように大正半ばにバーナード・リーチとともに渡英
イギリスで陶芸家としての活動をスタートさせます。
帰国後は田舎での生活を望み1924年に益子に移住。
この間に柳宗悦や河井寛次郎らと民芸運動を創始
日本の工芸界に大きな影響を与えました。
1955年には第一回重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定され
1968年には陶芸家として3人目となる文化勲章を受けました。

実は船瀬氏から推薦されて訪問場所を決めたのではなく、益子のこちらに行くことにしました〜とお伝えしたところ偶然にも「濱田庄司記念館」を訪ねたばかりだとか!!

名栗村合宿を企画するにいたった船瀬氏との偶然の再会に続きまたまたシンクロが発生★

ほかにも一生に一度は体験してみたい益子焼最大の窯元「益子焼陶の里つかもと」で船瀬師匠と陶芸ロクロ体験

名栗村に続きぜったい外せない地元の「外山酒造の酒蔵」見学

飯能市にある五十嵐酒造にて

古き良き日本を味わいながらもしっかりと次世代に残したいふなせワールド

益子の森にて深く静かに紡ぐ時間をご一緒いたしましょう★

2018年1月13日(土)14日(日)1泊2日
船瀬俊介と日本文化をKIWAめる《 益子リトリート》詳細はこちら
参加料金:43,000円 募集人数:約15名

 

こちらは船瀬氏のマネージャー白鳥氏からの呼びかけです
◆船瀬俊介氏の「5つのセルフ・ヒーリング」を全国の図書館に届けたい!
クラウドファンディング開始!10月20日(金)新月〜12月4日(月)満月

 

今後のヒカルランドツアーのお知らせ
●2017年11月3日(金)− 4日(土)
タイムトラベラー木内鶴彦《妙見信仰★大阪奈良旅》
満員御礼感謝 次回の開催をご期待ください
http://majolicaplanning.com/hikarulandkiuchitour

●2018年3月19日(月)− 21日(水・祝)
EMウェルネスリゾート コスタビスタ沖縄ツアー
『「愛と微生物」のすべて』比嘉照夫教授講演会&沖縄観光

●2018年5月18日(金)− 20日(日)
不思議で独特な歴史・文化・生態系に迫る隠岐の島ツアー
〈後醍醐天皇、後鳥羽上皇遠流の歴史 / 黒曜石 / ジオパークetc〉

ヒカルランドオリジナルツアー2018年も続々企画中 詳細は順次発信いたします✈️